巌門洞窟

日本海の荒海によって造られた洞門。岩盤の下に幅6m、高さ15m、奥行60mの貫通洞門があり、小舟も通り抜ける事が出来ます。奥には大洞窟があり、義経主従が隠れ場所としたと言われていますが、昭和44年奥壁を削り、隧道を作り遊歩道となっています。


鷹ノ巣岩

巌門洞窟と並び、能登金剛の象徴的シンボル。高さ30m、周りの長さ約150mの海から急にそそり立つ岩。
あまりの断崖に今まで誰の頂上を極めた物がいないと言われています。その昔鷹が巣を作っていた処から名付けたものです。



碁盤島

高さが10mの険しい島。
その昔義経主従が此処を隠れ家としていた際、この島に登り、縦横に碁盤の目のように入ったヒビで碁を打ったと言われている処から名付けられました。島の頂には、丸いくぼみがあり、中には大小の碁石のような石がたくさん入っています。



日本最古の木造灯台

現存する木造灯台としては、日本最古の灯台。明治初期に建造されたもので、現在は石川県の重要文化財に指定されています。菜種油を使いランプを燈していました。この灯台ができる前は、高台でかがり火を焚き、港に入る船の安全を守っていました。


千畳敷岩

畳が1千畳もあるように平らな岩場が広がっている処から名付けられた。今から何千万年も前の海底隆起により出来たもの。


猪鼻岬

岩の先が猪の頭の形によく似ている処から、猪鼻岬と呼ばれています。


福浦港

開港1300年の歴史を持つ港町。古くは中国大陸の渤海国からの使者が此処福浦港から大陸へ戻ったと、歴史書物に記されています。江戸末期から明治にかけては、北前船の風町港として、大変栄えておりました。現在は底引き網漁船(甘海老、ズワイ蟹漁)の母港となっております。


海苔島

























コース概要

 トップページ  巌門の紹介  料金・運航案内  施設案内  アクセスMap



  1. 能登金剛センターさん下船乗り場     ―――― 
  2. 旅の駅 『巌門』下船乗り場     ――――
  3. 福浦港発着コース (新コース)     ――――

 注〉3.福浦港発着コースは25名以上の団体様で貸切コースとなります。通常このコースは運航しておりませんので、事前にお問合せ、ご予約お願い致します。

どのコースも所要時間は、約20分間です。
3.福浦港は港にお手洗い、売店等の施設がありませんので、ご了承下さいませ。

トップへ







コース概要


トップへ